「クソリプ」について考える

SNS

今や、SNS上の慣用句として定着した感のある「クソリプ」と称される誹謗中傷行為について、実に説得力のある考察をしている方がいらっしゃったので、取り急ぎ、その一連のpostを貼っておきます。

なんとなくクソリプの発生機序がわかった気がした。RT拡散によってクラスタ間を横断すると、文脈や常識が異なるので、自分が荒らし行為をしてることに気づかないでリプしてしまう人が出てくるんだろうな

— 水龍敬 (@mizuryu) 2016年10月3日

@mizuryu Twitterは自分でTLをデザイン出来てしまうので、その人の中では「周りの人がみんな言ってる常識」を述べたつもりでも、実際RT元は全く違うクラスタの人で、その人にはその人の文脈があることを理解できずに安易にリプを飛ばすと、それがクソリプになるわけだ

— 水龍敬 (@mizuryu) 2016年10月3日

@mizuryu だから、同一のTL上にいるFF関係の人とかからは、基本同一の文脈の中にいるためクソリプは来ず、クラスタ間の横断が起き始める1000RT〜あたりからクソリプが来るから「FF外から失礼します」が半ばクソリプの常套句となってるわけだ

— 水龍敬 (@mizuryu) 2016年10月3日

@mizuryu これはスレッドやブログといった同一文脈上の「場」に縛られていたSNS以前の時代には起きなかった現象で、おそらく炎上と言われる現象の性質もそれ以前と以後で全く変わってきたんだろう

— 水龍敬 (@mizuryu) 2016年10月3日

いやぁ~、これは脱帽ですね、ワタクシはここまでの考察には至りませんでした。
精々、「同じキーワードに反応してはいるんだけど、相対的に語彙表現の乏しい者がクソリプの類いを飛ばしてくる」という程度の認識でした。

もちろん、上記の「1000RT~あたりから」という表現はいささか大き過ぎで、実際には数百RT程度でも「クラスタ間の横断」が起きる時には起きると思われます。

しかし、私は語彙表現の問題、つまり「発信」する際に「クソリプ化」が起こるのだとばかり思っていましたが、この一連の投稿を読むと、情報がクラスタ間を横断して目に飛び込んできた瞬間、つまり「受信」の際には既に「クソみたいな解釈」が成され、その結果としてクソリプが発信されるのだと理解して差し支えなさそうです。

誹謗中傷と正当な批判の違い

これは、私達ブロガーの間でも定期的に持ち上がる議題の一つですが、およそ社会人経験がそれなりにある人であれば、「正当な批判」とは科学的根拠や法律的正当性、あるいは論理的な整合性を以ってそれと見做される性質のものであるという事を知っている筈ではあります。

少なくとも「インターネット以前」の世の中であれば、現在のような「幼稚な中傷合戦」を目にする機会は日常的ではありませんでした。

しかし、インターネットの開通以降、そしてTwitterに代表されるようなSNSの台頭に伴って、自分の顔も名前も明かさぬままに容易に他者を中傷できる環境が生まれてしまうと、「パブリックな立場での発言」に慣れていない未成年者はもちろんの事、いい齢をした大人でさえ自制心が働かずに、自分が気に入らない発言をする者に野次を飛ばす事が日常的になってしまいました。

と…ここまでは「クラスタ」という概念を通さない、ごく一般論としての「中傷と批判の違い」であるワケですが、ここにクラスタという「社会層」の違いが加わると、上記の投稿で指摘されているように、話が非常に複雑化してくる様子です。

すなわち、いわゆる「クソリプ」を送って来る相手にしてみれば、必ずしも最初から中傷する意図は無く、むしろ「真面目な意見」や「中立的な提言」をしているつもりではあるのですが、社会層の違いからくる「見え方・捉え方の違い」を上手く調整することが出来ずに、結果として元の情報の発信主が全く想定していない「的外れな指摘」になってしまうという事ですね。

まぁ、ワタクシの場合でしたら、そういった「事情をよく分かってないな人」の指摘は、「あぁ、そっか、外からはそういう風に見える場合があるのかぁ…」と、苦笑いしながらスルーするところですが。

【広告】

Posted by 安井真守