ライブドアブログ「完全無料化宣言」は歓迎すべき事か?

その他

去る23日、ライブドアブログの開発日記にて、以下のような発表が行われました。


今までは有料版のみの機能として、

・PC版画面の広告非表示
・livedoorロゴの非表示
・独自ドメイン設定
・ブログデータ容量の無制限化
・スマートフォン版画面のユーザー独自広告の掲載
・有料版のみのテンプレート

等が利用できました。

これによって、無料版ユーザーと有料版ユーザーの間にフェアな差別化が図られていた訳です。
しかし、経営がLINE株式会社に移り代わって以来、運営ユーザー(ブログ管理者)だけでなく、閲覧ユーザー(訪問者)にとっても不利益な仕様変更が行われるようになりました。

それはスマートフォン版画面、特に記事中への強制的な広告の挿入です。

元々、スマートフォン版画面のタイトル下には、ライブドア側からの広告が強制的に挿入されていましたが、それがいつの間にか記事中にも表示されるようになり、一部の運営ユーザーから不満の声が上がっていました。

そして、今回の「完全無料化宣言」です。

これを「喜ばしい事」として歓迎するのは、残念ながらブログ初心者や、現在の資本主義経済の仕組みを知らない人達です。

「タダより高いものはない」 の慣用句通り、現代社会に於いて完全なる無料、無償のサービスは殆ど存在しません。
利用者自身が当面の無料と引き換えに後々に割高な代価を支払うか、もしくは利用者に代わって他の第三者が代価を支払うかの違いしかありません。

いわゆる「FREE経済」、あるいは「フリーミアム」と呼ばれるものです。

上記発表記事のコメント欄を見ていただけば分かりますが、実に多くのユーザーが今回の「完全無料化宣言」によって、スマートフォン版画面に更なる広告の挿入が行われる事を予想しています。

こう書くと、
「えっ、別にアンタ達の懐が痛むワケじゃないんだから、別にいいんじゃない?」
と思う人がいるかと思いますが、そういう問題ではありません。

いわゆる「アフィブロガー」、つまり自分の収益の事しか考えていないユーザーにとっては、今回の無料化宣言は歓迎すべき事かもしれませんが、記事の一つ一つ、訪問者の一人一人を大切にしたい真面目な運営者にとっては、画面が今以上に広告だらけになる事は屈辱以外の何物でもありません。

もちろん、私もその一人です。

5月1日以降、ライブドアブログの利用者が増えるのか、それとも減るのか・・・
注意深く見守っていきたいと思います。

【追記】2016/09/04

更なる改悪が施された様子です(ノ_-;)

ライブドアブログにオーバーレイ広告が入るようになった上に、記事内のアドセンスが表示されなくなった。
これは改悪過ぎる。

— ユージーン@No.2宣言 (@Eugene_no2) 2016年9月2日

 

スマホで見たlivedoor blogの中にオーバーレイ広告が出てきました(涙) これは本当に読者のことを考えていない広告で、今まで何度もWordPressに移行するか迷っていましたが、一晩考えて、決断しました。

— nerona (@shokonoaruie) 2016年9月2日

【広告】